というわけで海南鶏飯(かいなんけいはん)とは?

海南鶏飯(かいなんけいはん)(英語 Hainanese chicken rice)は、茹で鶏とその茹で汁で炊いた白米を共に皿へ盛り付けたマレーシアやシンガポール、タイなどの東南アジア周辺地域で一般的な料理。海南風チキンライスなどと訳されている。現地では、専門店や屋台で食べることができる庶民的な定食のひとつで、香港の茶餐廳やマレーシア料理店などでも一般的である。

ニワトリを茹でてとったスープに、鶏の脂で炒めた白米で炊いた、雞油飯と呼ばれるご飯に、茹でたとり肉のぶつ切りが添えられ、多くの場合上記のスープと共に供される。鶏肉の旨味がご飯につけられ、あっさりとした上品なうま味が特徴である。鶏肉の油がゼラチン状に固まった食感を楽しむ料理なので、調理後に冷ました鶏肉を使用する。

海南島文昌の「文昌鶏」(ウェンチャンジー)という料理が元になり、海南島出身者がタイやマレーシア、シンガポールなどに伝えたといわれている。

海南島の「文昌鶏」は、まるごと蒸した鶏の料理で、加熱しすぎてぱさぱさにしないようにするのにテクニックが要る。とり肉は、切り分けて塩と油とおろしショウガを合わせたたれで食べる。しかし、丸ごと1羽か半羽単位で注文せねばならず、ご飯も普通の白ご飯で、別途注文するため、ひとりでは注文しづらい。この問題を解決し、一人でも気軽にたべられるようにし、ご飯もチキンスープで炊くなどの改良をしたのが海南鶏飯である。また、チリソースを付けながら食べることもあるが、これももとの海南島の料理からは変わっている。店によってはローストチキンを添える場合もあるが、本来の姿ではない。

マレーシア、シンガポールではショッピングセンターのフードコートなどでは必ず見られるため、マレーシア名物あるいはシンガポール名物という紹介のされ方をすることも少なくない。タイでもカオマンガイの名で広く食べられている。タイやマレーシアでは宗教上の理由で牛肉や豚肉を禁忌とする人が多いのも鶏肉料理が好まれる一因である。
wikipedia