世の中には信じられないほどのお金が・・・。

ピカソの肖像画に12億円=ロンドンのオークション
2月3日12時36分配信 時事通信

ピカソの肖像画に12億円=ロンドンのオークション
【ロンドン2日AFP=時事】スペイン出身の世界的画家パブロ・ピカソが妻を描いた肖像画が2日、当地のクリスティーズのオークションで予想価格の2倍以上の810万ポンド(約11億7000万円)の高値で落札された。
 この絵は、ピカソに晩年付き添った妻のジャクリーヌの肖像画。1963年に描かれたもので、オークションに出されたことは1度もなく、67年以降で公衆の目に触れるのは初めてだという。400万ポンドの値が付くものと予想されていた。
 ジャクリーヌは首が短かったといわれているが、ピカソは誇張して長い首に描いている。落札者は明らかにされていない。

奥様のコンプレックスを消してあげるなんてロマンティック。

メインメニュー

海外ニュース一覧

携帯サイト