トヨタ神話ががたがたと・・・。

トヨタ:米国で230万台リコール 欧州でも対応検討

 トヨタ自動車は21日、踏み込んだアクセルペダルが元の位置に戻りにくくなるなどの不具合発生の可能性があるとして、米国で販売した「カローラ」や「カムリ」など約230万台の乗用車、スポーツタイプ多目的車(SUV)などについて、リコール(無償の回収・修理)を実施すると発表した。トヨタによると、日本では違うペダル部品を使っているため問題はないが、欧州で販売した車は米国と同じペダル部品を使っており、欧州各国でもリコールを含めた対応を検討しているという。

 トヨタによると、米国でリコール対象となるのは計8車種。「カローラ」(09~10年型)などの乗用車4車種のほか、「RAV4」(09~10年型)「セコイア」(08~10年型)などSUV3車種とピックアップトラックの「タンドラ」(07~10年型)も含まれている。

 昨年秋に十数人の顧客から「アクセルペダルが戻りにくい」との苦情があり、社内調査した結果、同じ部品を使ったアクセルペダルの一部に、摩耗によって動きにくくなる事例を発見した。

 トヨタは昨年11月、運転席に敷かれたフロアマットが運転中に外れてアクセルペダルの操作を妨害し、深刻な事故を起こす恐れがあるとして、8車種計426万台を対象に過去最大規模の自主改修を実施。そのうち170万台は、今回のリコールでも対象車とされた。「タンドラ」計11万台についても、凍結防止用の塩の影響で車体の腐食が進み、後輪ブレーキにトラブルがあったとして同月、リコールしていた。事故につながりかねないトラブルが相次いでいることで、トヨタ車の品質や安全性への信頼が大きく揺らぎそうだ。
毎日jp

実は豊田市出身。

メインメニュー

海外ニュース一覧

携帯サイト