飛行機の事故は自動車事故の何分の一か!

ハンブルガーFWゲレーロ、飛行機恐怖症でドイツに戻れず
1月31日16時17分配信 ISM

 現地時間30日、ハンブルガーSV(ドイツ)に所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロが、飛行機恐怖症でドイツに戻れず、しばらく母国にとどまることが分かった。ロイター通信が報じている。

 昨年9月に行なわれた2010年W杯南米予選のベネズエラ戦で、十字じん帯損傷という大ケガを負ったゲレーロは、母国ペルーで治療を受けたのち、ドイツでさらなるリハビリに取り組む予定だった。しかし、ここ数週間に4度ほど飛行機の搭乗にトライしたものの、恐怖心に苛まれいずれも失敗。いまだドイツに戻ることができていない。

 これを受けハンブルガーは、ゲレーロが引き続きペルーでリハビリを受けることを許可。同選手は恐怖症克服に向け、現地の専門家から精神療法を受けることになるが、ハンブルガーはその前にクラブの理学療法士をペルーに派遣するようだ。ブルーノ・ラッバディア監督は、「我々は彼のプレッシャーを取り除きたい。パオロは安心して治療を受けるべきだ」とコメントしている。
・・・ってかどうやって行ったの?

メインメニュー

海外ニュース一覧

携帯サイト