公共機関が止まるといらいらします。不可抗力ですが・・・。

<東海道新幹線>一時不通...乗客3100人「缶詰め」疲労感
(毎日新聞 - 01月29日 21:33)

停電で新幹線が駅間に停車し不安そうな表情の乗客ら=神奈川県海老名市で2010年1月29日午後4時59分、小林努撮影
 東京と大阪を結ぶ大動脈は、突然の送電ストップで大混乱に陥った。29日、架線が切れ3時間以上運行できなくなった東海道新幹線。小田原-品川駅間では、こだま号など5本が立ち往生、乗客計3100人が薄暗く暖房も止まった車内で長時間過ごし、疲労感をにじませた。

 停電直前に、架線切断現場を通り過ぎ、パンタグラフが大破した東京発名古屋行き「こだま659号」。乗客によると、12両目付近で「バチン」という大きな音がした後、車内の電気が消えて、ゆっくりと停車したという。山形県の無職男性(60)は「東京駅を出たと思ったら、ドンという音がしてタヌキでもひいたのかと思った。1キロぐらい走って止まった」と話した。

 神奈川県小田原市の会社員、小杉拓治さん(41)は「『トイレは使えません』『たばこは吸えません』と車内放送があった。暖房が切れて、日が落ちてからは寒くなった」と疲れた様子を見せた。

 立ち往生していた新幹線は、午後6時ごろ次々と東京駅に到着した。東京都内の病院を受診するために上京した静岡県の主婦、清百合子さん(50)は「小田原と新横浜駅の間で電車が止まった。現状を知らせる車内放送が10分おきにあり、途中から停電してトイレの水も流せなくなったので、工夫して何とか使った」。東京都の会社員、高取順さん(48)は「車内販売の飲み物は売り切れていた」と話した。

 東京駅の改札口やホームは、新幹線を待つ乗客でごったがえした。静岡県三島市に向かうため2時間以上出発を待った東京都の建設会社員、勝又恵一郎さん(42)は「在来線で行けば良かった。お客さんとの打ち合わせに間に合わない」とあきらめ顔だった。

 架線が切れた横浜市神奈川区の現場で火災を発見し、110番した会社員、一樹誠さん(33)によると、下り新幹線が通過する際、閃光(せんこう)とともに「ドン、ドン」という音がして架線から火花が散り、間もなく線路脇の雑草から出火したという。一樹さんは「雷が落ちたかと思った。煙が出始めたらあっという間に火が回った」と振り返った。
満員電車が止まった時は死ぬかと思いました。

メインメニュー

日本ニュース一覧

携帯サイト