申し訳ないけど、ファミレスでバイトしてたとき盗み聞きよくしてました~。

カフェ店員が聞いた! お客さんの"口説き文句"の数々!
(COBS ONLINE - 02月01日 15:44)

先日、某カフェで一人お茶をしていたら、隣のテーブルに座っていた男女が何やら深刻なご様子。黙り込んだまま、見つめ合っております。しばらくすると、男性のほうが「好きなんだ、君のこと」。おーーっと! 告白タイムに居合わせてしまった!!!(盗み聞きしたわけではないですよ。聞こえてきてしまったんです!)

愛の告白なんて、人気のない場所でするもんだと思っていたんですが、そうでもないんでしょうか? 飲食店にお勤めしている方々に聞いてみると、告白・口説いている方々は多いらしいんです。それもかなり、濃厚......らしい。

今回は、そんな店員さんたちが聞いた・見た、熱い口説きシーンを証言していただきました。

まずは軽いジャブから......。
■「君の入れるコーヒーが一番おいしいな。毎朝、君のコーヒーが飲みたい」

「カウンター席のカップルにコーヒーをお出しし、そのコーヒーを一口飲んで男性が言った一言です。いいけど、それコーヒー入れた僕に失礼じゃないか、って話で。おまけにうちはコーヒーに結構こだわってる店なので、それよりおいしいコーヒー入れられるんだったらむしろすごい」(喫茶店スタッフ)

この男女は、会社の先輩・後輩だったそうです。後輩(女性)は「じゃあ先輩が出勤したら毎朝、コーヒー入れて持っていきますね」とお返事。

微妙に答えをぼかしたような気がするのは私だけでしょうか。

■「今まで何度も死にたいと思ったけれど、無理みたいだ。だっておまえが俺のことを好きでいてくれるから」

「注文を取りに行ったら口説きの真っ最中。私が声をかけたのにも気づいていない様子でした。会話が一段落、とりあえず聞いておきました」(レストランスタッフ)

ちなみに彼女のセリフは「そんなふうだから、ほっとけない。ほっとけって言われても」。あらら。成就したようですね。
お店の中にいてもスルリと二人の世界に入れるものなんですね。

さて続いては、口説きの宝庫? バーでの目撃証言を一気に。
■「毎日、君に会えるかも、って思ってこの店に来てるんだよ?」
■「酔って君のことなんて、忘れられればいいのに」
■「寝ても覚めてもおまえのことばっか。酒を飲んだら余計に考える」
■「なんかきれいになった? ......少し会わない間に何かあったんじゃないかって考えて超嫉妬しそう」

やっぱりお酒が入ると口もなめらかになるのでしょうか。出るわ出るわ口説き文句。
ちょっと毛穴がスタンディングオベーションしてしまいそうですが......。
ところで、たまにテレビなどで見るような「マスター、あそこの彼女の一杯」なんてことはあるのでしょうか?
「ほかのお店は知りませんが、うちでは基本的にやらないです。たまに言うお客さんもいますけど。トラブルの原因になることもありますし」(バースタッフ)
また、気になるのは、やっぱりバーって口説く男性は多いのかということ。
「カウンター越しでもよく聞きますね。テーブル席ならたぶんもっと多い。お酒が入ってテンションが上がってくると、普段言わないことを言っちゃう人は多いですね。男女二人でバーなんかにいらっしゃるお客さまは、それなりに距離の近い相手同士ですし。常連さんだとカウンター越しに僕もいろいろ話すので、ときにはこっそりとキューピッド役を務めることもありますよ」(バースタッフ)
おしゃれなバーの常連になって、バーテンダーを味方に引き込み、お目当ての相手を口説き落とすのがベター? でも、できればアルコールが入る前に口説いてほしいような気もします。
熱い口説きの数々、みなさんもぜひご参考にしてみてください......!?

あの方に一杯もないない。

メインメニュー

エンタメ一覧

携帯サイト