ブログも多々ありますよね・・・。

【女性編】メールでかいた赤っ恥・間違いランキング
(COBS ONLINE - 01月27日 17:04)

「"氏"⇒"死」、「"邊"?"邉"?」誤送信メールに職場で冷や汗

便利だけれど、実際には相手の顔も見えなければ声も聞こえない、メールを介したコミュニケーション。ビジネスで利用する際は特に、相手に混乱や誤解、さらに不快感を与えてしまわないよう細心の注意を払いたいものです。しかし日々の慌ただしい職場環境の中では、つい注意が疎かになってしまうこともあるのではないでしょうか。ビジネスウーマンの記憶に反省と共に刻まれている、"第三者が聞く分には"面白い失敗エピソード。


Q、ビジネスメールで過去にしでかした大きなミスは?(複数回答)
1位 ファイルを添付し忘れた 34%
2位 漢字の変換ミスをした 25%
3位 件名をつけ忘れた 19%
4位 意味が分かりにくいメールを送った 13%
5位 メール作成中に誤って送信 10%


■「ファイルを添付し忘れた」エピソード
・「添付し忘れたことをすぐに気付いたらまだラッキーな方で、相手からファイルを催促されてしまうときもある」(23歳/商社/営業)
・「ファイルを二度も添付し忘れて、かなり恥ずかしい思いをした」(27歳/商社/営業)
・「納品物一覧のファイルを添付し忘れ、すぐに再送したが、お客様に『同じような内容のメールが多いと混乱する』と注意を受けてしまった」(24歳/IT/SE)
・「『報告書のファイルを添付します』と書いたメールに添付したのは、友人と写っている写真だった」(25歳/飲食/サービス)


■「漢字の変換ミスをした」エピソード
・「"板井さん"へのメールを"遺体さん"や"痛いさん"と書いて送ってしまった。社内の人だったので、その後それが常用化した(笑)」(27歳/IT/SE)
・「"氏"を"死"と打って送信してしまい、慌ててフォローした」(26歳/金融/営業)
・「"邊"と"邉"を間違えて送ってしまった」(23歳/電気/総務)
・「採用通知メールの件名で漢字を間違え、書き直したメールを再送した」(25歳/旅行/秘書・アシスタント)


■「件名をつけ忘れた」エピソード
・「文面と全然違う件名で送ってしまった」(27歳/その他/その他)
・「件名がないと、送信前に確認を取ってくれるメールツールのおかげで助かった」(27歳/IT/SE)


■「意味が分かりにくいメールを送った」エピソード
・「時間をかけてやっとのことで長いメールを送ったら、内容について問い合わせがあった。そこで初めて先輩に相談したら、たった2~3行のメールにまとまった」(29歳/倉庫/システム)
・「敬語に気を遣いすぎて、長く分かりずらい文章になってしまった」(23歳/団体/その他)


■「メール作成中に誤って送信」エピソード
・「全社宛てに書こうとした報告書を途中で送信してしまい、再送するのも恥ずかしかった」(25歳/硝子/営業)
・「作成中のメールを2、3度間違えて送ってしまい、最後にお詫びメールを送った」(27歳/その他/その他)


■その他、ビジネスメールでの失敗エピソード
・「会社内部のメーリングリストに流すものを、お客様も入っている外部用のメーリングリストに流してしまい、相当怒られた」(23歳/IT/エンジニア)
・「大事なお客様に対して"様"を付けずに送ってしまった。そのメールが上司にばれ、怒られた」(26歳/機械/総務)
・「送信ボタンを押すとエラーが出るので何度も押していたら、本当はちゃんと送れていて同じメールを6通送ってしまっていた」(26歳/食品/研究開発)
・「ビジネスアドレスからの私信を多くの人に誤って送ってしまい、ひんしゅくを買った」(26歳/通信/SE)
・「上司の愚痴を上司本人に送ってしまった」(27歳/通信/企画開発)
・「受信したメールが迷惑フォルダに入ってしまっていたのに気付かず、『送られて来ません!』と怒り気味に言ってしまった。気付いた後に謝ったら許してくれた」(25歳/繊維/総務)


総評


同年代のビジネスマンと同様、20代ビジネスウーマンの間でも「ファイルの添付し忘れ」は、頻繁に起こりがちなミスであるようです。中には必要なメールを添付し損ねただけでなく、送信相手には何の関係もない、自分のプライベート写真を添付してしまったという恥ずかしい失敗経験を持つビジネスウーマンも。「メールを書き終えたら、自分が添付したファイルを一度開いてから送信する」この一手間の習慣化を、ミスを防ぐ手段として取り入れてみてはいかがでしょう。
続く2位には「漢字の変換ミス」がランクイン。「"氏"を"死"と打って送信してしまった」(26歳/金融/営業)というような、ある意味分かりやすいミスも気恥ずかしいものですが、「"邊"と"邉"を間違えて送ってしまった」(23歳/電気/総務)というような、相手にとってのみ分かりやすいミスも冷や汗もの。人の名前を打つ際には、その人の名刺や本人からのメールに書かれていた正式署名などで、十分な確認を取りたいものです。
ミスの種類にも大小ありますが、その他にも「件名付け忘れ」や「作成途中の誤送信」など、ビジネスメールを使う人なら身に覚えのある失敗例は、挙げ出したらキリがありません。これらの失敗は起こりがちだからこそ、日々の注意や周囲のミスからの学習で、極力避けるように努めたいものですね。
(文・兄矢壱子)

メインメニュー

エンタメ一覧

携帯サイト