missサイゴンが大好きでした。ホーチミンいつかいきたいな~。

サイゴンの紹介
 サイゴンは1956年のジュネーブ協定の後、南北にベトナムが分割され、1975年にサイゴンが陥落するまでの間、南ベトナムの首都としてにぎわってきました。その後新政府によってホーチミン市と名称を変更されましたが、市民の間ではサイゴンの名称がいまだに使用されています。国営会社の名前に「サイゴンビール」や「サイゴンツーリスト」などのように使用されているところをみれば、政府自身もサイゴンの名称を完全に消そうと考えているわけではないようです。また、歌謡曲などの歌詞には、サイゴンの名前がもっぱら使用されています。どうもホーチミン市という名前は、歌謡曲では硬いイメージになってしまうからなのかもしれません。

 サイゴンの名前はクメール語の「カポックの木の茂る森」から来ています。サイは茂る森の意味で、ゴンはカポックの木の意味になります。中国式に漢字で表すと「西貢」と書き表します。
 市の中心部を流れるサイゴン河は、ドンナイ川の支流にあたり、サイゴン港から南シナ海へはおよそ50kmの距離があります。サイゴン港近辺の川幅は約300mで、水深はおよそ10mあります。このためサイゴン港には3万トンクラスの貨物船も楽に入港できます。サイゴン川と港はこの町のシンボルになっています。
ベトナム観光案内所